プロフィール

 『アクリ』と申します。

私は20歳を過ぎたあたりから、「自分のことはできるだけ自分でやろう」という自給自足の生活に憧れるようになりました。
きっかけは、社会人になって感じるケースが増えた自分の無知です。
「ダイコンの旬は?」「落花生はどんな植物なの?」などと聞かれても、何も答えられない。会話に参加できない。
毎日着ている服や、毎日寝泊まりしている家についても同様で、あまりにも知らなすぎる自分の知識に疑問を持つようになりました。
そして、今一度初心に戻ってみようかと。

そこで、挑戦することにしたのが衣食住の中でも最も重要とされる食べ物の確保です。
食べ物にも肉や魚などいろいろな種類がありますが、野菜が一番作りやすいかなと。
バイトをする前、家庭菜園をちょっといじったことがあったのも大きいです。
ただ、農業学校は出ておりません。
バイトの期間は約1年半。
その大半を、ミニトマト栽培に従事しておりました。
素人目線での農業アルバイトの感想となりますが、それでもよろしければご参考にしてください。
また、農業以外の日常の生活についても綴っていきます。